TOP | リストに戻る

プロティノス(Πλωτῖνος, 204-269)

キーワード

美学上重要な著作

本文

流出説→一者(τὸ ἓν)から一切が流出
    観想(θεωρίά)による一者への回帰

 プロティノスの思想は弟子のポルピュリオス(Πορφύριος, 232-305)がまとめた『エネアデス』(Ἐννεάδες)により知ることができる。

自然や芸術の感覚的な美 と 超感性的な英知美を区別

一者→ヌース(自己同一的な超感性的思惟存在)→霊魂(プシュケー)→自然→質量
          ←(純化・美化)     (上純化・醜(αίσχρόν)化)→

TOP | リストに戻る

Valid XHTML 1.1! Valid CSS!