TOP | 読書履歴

倉橋由美子『老人のための残酷童話』(新潮文庫、2003年)

読書履歴

 2004年3月31日、京都市立左京図書館にて借りる。同年4月5日より読み始め、2004年4月7日に読了。


本文の感想

 この本の文章には倉橋由美子独特の皮肉と残酷さが効いており、十分な読み応えがある。中でも、先頭に所収されている「ある老人の図書館」は、異様な世界観を醸し出しており、衝撃的だった。その他の作品はそれほど印象の強いものではなかったが、読んで不快なものではなかったように思う。感想はB+。

 金銭的に余裕があれば、いつか買いたい。


本文からの抜粋と注

 特になし。


TOP | 読書履歴

Valid XHTML 1.1! Valid CSS!