国立国語研究所による外来語の言い換え案

外来語の言い換え案

 2003年11月13日に、国語研が外来語の言い換え案を発表した。役に立ちそうだったので、表にまとめてみた。

 2004年10月8日に発表された第3回目の言い換え案を追加しました。第1回目の提案はまだ含まれていません。そのうち追加します。

外来語 原表記 言い換え案
アーカイブ archive 保存記録、記録保存館
アイデンティティー identity 独自性、自己認識
アカウンタビリティー accountability 説明責任
イニシアチブ initiative (1)主導、(2)発議
イノベーション innovation 技術革新
インセンティブ incentive 意欲刺激
インフラ(省略) infrastructure 社会基盤
エンパワーメント empowerment 能力開化、権限付与
エンフォースメント enforcement 法執行
オブザーバー observer (1)陪席者、(2)監視員
カウンターパート counterpart 対応相手
ガバナンス governance 統治
キャッチアップ catch-up 追い上げ
グランドデザイン grand design 全体構想
グローバリゼーション globalization 地球規模化
グローバル global 地球規模
ケーススタディー case study 事例研究
コア core 中核
コミュニケ communiqué (フランス語) 共同声明
コミュニティー community 地域社会、共同体
コラボレーション collaboration 共同制作
コンセプト concept 基本概念
コンファレンス conference 会議
コンプライアンス compliance 法令遵守
サマリー summary 要約
サプライサイド supply-side 供給側
シミュレーション simulation 模擬実験
スキル skill 技能
スクーリング schooling 登校授業
スタンス stance 立場
ステレオタイプ stereotype 紋切り型
セーフガード safeguard 緊急輸入制限
セーフティーネット safety net 安全網
セクター sector 部門
セットバック setback 壁面後退
ソリューション solution 問題解決
タスク task 作業課題
タスクフォース task force 特別作業班
ダンピング dumping 不当廉売
ツール tool 道具
デジタルデバイド digital divide 情報格差
デフォルト default (1)債務不履行、(2)初期設定
ドクトリン doctrine 原則
トレンド trend 傾向
ノーマライゼーション normalization 等生化、等しく生きる社会の実現
バーチャル virtual 仮想
パートナーシップ partnership 協力関係
ハザードマップ hazard map 災害予測地図、防災地図
バックアップ backup 支援、控え
パブリックインボルブメント public involvement 住民参画
パブリックコメント public comment 意見公募
ビジョン vision 展望
プライオリティー priority 優先順位
ブレークスルー breakthrough 突破
フレームワーク framework 枠組み
プレゼンス presence 存在感
フロンティア frontier 新分野
ベンチャー venture 新興企業
ボーダーレス borderless 無境界、脱境界
ポートフォリオ portfolio (1)資産構成、(2)作品集
ポテンシャル potential 潜在能力
ボトルネック bottleneck 支障
マーケティング marketing 市場戦略
マクロ macro 巨視的
マネジメント management 経営管理
マルチメディア multimedia 複合媒体
マンパワー manpower 人的資源
ミスマッチ mismatch 不釣り合い
ミッション mission 使節団、使命
モニタリング monitoring 継続監視
モビリティー mobility 移動性
モラルハザード moral hazard 倫理崩壊
ユニバーサルデザイン universal design 万人向け設計
ライブラリー library 図書館
リアルタイム real time 即時
リテラシー literacy 読み書き能力、活用能力
ロードプライシング road pricing 道路課金
ログイン log-in 接続開始
ワークショップ workshop 研究集会

リンク


Valid XHTML 1.1! Valid CSS!