TOP | 文書類

カフカ『掟を前に』(森本誠一訳)

 掟の前に一人の門番が立っている。その門番のもとへ、田舎から一人の男がやってきて、掟の中へ入れてくれるよう頼む。ところが門番は、今は中へ入れられないと言う。男は考え、それでは後でなら入れるようになるのかと尋ねる。

「おそらくな。ただ、今はだめだ。」と門番は答える。

 そのとき門はいつものように開いている。そして門番は脇へ寄り、男は門から中が見えるように身をかがめる。門番はこれに気づき笑う。そして言う。

「そんなに興味があるなら、おれが止めるのは無視して、中へ入ろうとするがいいさ。ただ覚えとけよ。おれは強い。そして、一番下っ端の門番に過ぎない。しかし広間ごとに門番がいて、そのどれを取ってもそれまでの奴より強い奴ばかりだ。もう三番目の奴を見ただけでも、おれはとても耐えられんよ。」

 田舎から来た男は、それほど厄介だとは思っていなかった。掟はいつでも万人に開かれているべきだと男は考える。しかし、毛皮の外套を身に纏い、尖った鼻と黒の長細い蒙古髭を生やしたこの門番をいましっかり見て、その男は入る許可をもらうまで待ったほうがいいと決心する。門番は男に腰掛をあてがい、門の傍らに座らせる。

 男はそこに何年も座っている。男は入れてもらえるように様々な手を尽くし、お願いして門番をうんざりさせる。門番はよくささいな尋問を男にし、故郷や他の色々なことについて問いただすが、それは興味のなさそうな質問であって、まるで偉人が質問するときのようである。そして結局は、まだ入らせるわけにはいかない、と門番はいつも繰り返すのである。男はたくさんのものを旅で携えて来ていたが、どれほど高価なものであれ、門番を買収するために使い果たしてしまう。この門番はすべて受け取りはするが、受け取るときに言うのである。

「おれはお前が何かやり残したと思わないように受け取るだけだ。」

 男は長年のあいだ、ほぼひっきりなしに門番を観察している。他の門番のことはすっかり忘れ、男にはこの最初の門番 だけが掟の中へ入る障害のように映る。最初の数年は思慮なく大声で、のちに年を取ってからはぶつぶつ独り言を言っては不運を呪う。男は子供じみてくる。長年の観察から、毛皮の襟についた蚤も見分けられるようになった。男は門番の気持ちを変えるのを手伝ってくれるよう、蚤にまでお願いする。とうとう視力が弱り、男には本当に暗いのか、ただ目の錯覚に過ぎないのか分からない。ところが、いま暗闇の中に一筋の光が見える。その光は掟の門から消えることなく現れてきている。もはや男はそう長くはない。死を前にして、男の頭の中にこれまでの一切の経験が一つの問いとなってまとまる。これまで門番に尋ねたことのない問いである。男は手を振って門番に合図する。硬直したからだをもう起こすことができないのだ。門番は深くかがまなければならない。というのも、男がとても不自由になるくらい、大きな違いがあったからだ。

「まだ何を知りたい。貪欲なやつめ。」と門番は言う。

「みんなが掟を求めて努力しているのに、どうして長年のあいだ私以外に誰も門へ入ることを求めなかったのですか。」

 門番は男がすでに臨終の際にいることを知り、消えゆく聴力にまだ感知できるよう男にうなりかける。

「ここはお前以外のやつは誰も入れなかったのだ。この入口はお前だけのために作られたものだったからな。おれはもう門を閉めに行く。」

TOP | 文書類

Valid XHTML 1.1! Valid CSS!