音ズレ問題

DVD2aviのプロジェクトファイル保存で音ズレ

 DVD2AVIで複数のvobファイルを同時に読み込み、d2v形式のプロジェクトファイルを出力すると音がずれる。これは音声と映像の長さが違って出力されることに起因しているようだ。

 そもそもDVD2AVIでd2vファイルを出力したときに、音声は"DELAY -**ms"(**は任意の値)のように映像に比べて音声が**ms早く始まるので、muxする場合には音声を**ms遅らせてmuxしなさいという情報が音声のファイル名に加えられて保存されるが、複数のvobファイルを読み込んだときにはそれぞれのvobファイルごとに音声は**ms遅らせる必要があるにもかかわらず、それらのvobファイルの中に含まれている音声を**msずつ切れ目の部分で遅らせることなくDVD2AVIファイルが結合して音声ファイルを構成するために、最初の部分では音ズレしないが後半部になるにつれて音ズレの度合いがひどくなるといった症状が起こってしまう。

 この問題を解決する手段は、複数のvobファイルを一度に読み込むことを止め、vobファイルの読み込みを1つずつにすること以外にはない。

関連リンク集

 音ズレに関する関連リンク集。あわせて2chDTV(映像制作板)も確認するとよい。



SEIICHI MORIMOTO <森本誠一>
kant1724@hotmail.com