TOP | MEMO

NTT西日本に関する覚書

料金

  1. 加入電話の基本料金で「電話サービス取扱所の種類」という項目があり、3級取扱所、2級取扱所、1級取扱所によってそれぞれ料金が異なっているのはなぜか。
    これは回線を契約している世帯の所在地により料金が変わるものである。オペレータは「人口比率」という表現を用いていたが、基地局に対する人口の比率が高くなるにつれて「階級(始めはランクが上、下という表現を用いていた)」が下がり(オペレータはこれとは逆の表現をしていた)、料金体系が高いものになるそうだ。逆に人口比率が低い地域では料金体系が安いものになる。この理由の一つは、人口が多くなるにつれ、それに対応するためのサービス料、設備投資費などが必要になってくるからだという。また、このような料金体系に差を設けることは、NTTが発足するよりも前から存在していたそうだ。
TOP | MEMO

Valid XHTML 1.1! Valid CSS!