文書類

奴隷契約は、契約である以上、少なくとも契約する前の契約当事者はお互いに自由なはず。しかし、ひとたび契約を交わしたならば、奴隷となった者に自らその契約を解除する権限はなくなってしまう。つまり自由の放棄が不可逆的であるということ。それにもかかわらず、奴隷契約を結ぶというのはどういうことだろうか。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-11-05 (金) 18:00:41