MediaMarker

RSS clip

20130427武庫之荘哲学カフェ参加レポート

 2013年4月27日に武庫之荘哲学カフェというのに参加してきた。せっかくなのでここで感想などを報告しておきたい。テーマは「あなたは だれ?」で、会場は尼崎市女性センター・トレピカ内にあるカフェ・トレピエであった。参加者は全部で14名おり、うち女性の参加者は5名であった。尼崎市内で会場を転々としているのは地域に根ざした活動として捉えればいい工夫だと思う。

 主催は武庫之荘哲学カフェ運営委員会となっているが、これまでの哲学カフェはすべて赤井郁夫さんが進行役を務めておられるので、実際には赤井さんがお一人でやっておられるのかもしれない。他にも協力者がいる可能性もあるが、いずれにしても赤井さんは一人で全部切り盛りできそうなぐらいパワフルな人だなあとの印象を受けた。まあ、こういうのは聞けばわかる話だけど、もともと参加レポートを書こうと思って参加したのではなくて休みの日に趣味で参加したようなものなので、あえて舞台裏のことは聞かなかった。

 きれいなチラシやブログ、以前開催した哲学カフェについての丁寧で詳しい報告などには本当に頭がさがる。やろうと思ってもなかなかできるものではない。

 参加者は全体として年配の方が多かったように見受けられた。神戸で行なっている哲学カフェも概して年配の方が多い。この点、参加者の傾向性については他にもいろいろな哲学カフェに参加して分析したい。

 哲学カフェのルールについてはみんながいつでも確認できるよう掲げられており、その内容は「意見を押しつけない」や「対等な立場で参加する」や「人の話はきちんと聞きましょう」など、ごく一般的なものであった。

 発言したい人は手を挙げて進行役から当てられるのを待つ。参加者が発言したあとはたいてい進行役が発言の内容を要約するので、進行の仕方としては進行役の関わる度合いが比較的強く、進行役の性格が強く表れた哲学カフェと言えるだろう。

 話し合われた内容については赤井さんがまたまとめたものを公開されると思うのでそちらに譲りたい。

 ということで、また予定が合えばぜひ参加したい。