MediaMarker

RSS clip

20121014シネマ哲学カフェ『孤独なツバメたち~デカセギの子どもに生まれて~』の感想

 今日はシネマ哲学カフェで哲学カフェについて考えさせれられることがあったので、忘れないうちに書き残しておく。ツイッターをやりはじめてからほとんどブログに投稿しなくなったけど、やはり一定の分量を書くときや頭の中で整理できていないものをごちゃっと書くのには(私には)ブログの方がいいのではないだろうかと思い、今回はブログで記事を書くことにした。

 今日観たのは津村公博・中村真夕(監督)『孤独なツバメたち~デカセギの子どもに生まれて~』というドキュメンタリー映画。内容についてはこの記事の趣旨から外れるのであえて書かないでおく。そんなに要約もうまくないし。

 今日の参加者は監督の中村さんを含めて10人。シネマ哲学カフェの人数としてはだいたいこんなものである。以前はもっと少なかったけど、中川さんに私が加わって1年ぶりに再開してからはだいたい10名前後で安定している。ツイッターで告知をすると、シネ・ヌーヴォ、映画の公式アカウント、それから監督のアカウントあたりからリツイートされるので、私がツイッターで告知をするようになったことも影響しているのかもしれない(「それでも10人か」という声が聞こえてきそうであるが、ミニシアターで上映される映画を題材にしているので、鑑賞者の人数からすればけっこうな割合になるはずである)。また、このことと今回の記事は関係している。

 ここ最近のシネマ哲学カフェの特徴の一つに、製作者、あるいはその関係者が参加されるということがある。7月29日に岩佐寿弥・監督の『オロ』でシネマ哲学カフェをやったときには、監督の姪の方が参加してくださった。関係者が参加してくれることは光栄なことであり歓迎している。シネマ哲学カフェをやるときには、参加者が映画を観て感じたこと考えたことなど映画について語っている声が製作者に届けられればなと思ったりもする。ところが、製作者が哲学カフェに参加すると参加者の関係性が水平でなくなってしまうというのも経験的に明らかになってきたことである。ここらへんをどうすればよいのかというのが、今回のシネマ哲学カフェで考えさせられた問題である。

 私は究極的には参加者が満足すれば哲学カフェとしては成功だと思っている。すべての場合においてそうかと問われれば考え込んでしまうだろうから、やはり私の頭の中には参加者の満足だけではいけない哲学カフェの最低限の境界線があるのだろうが、ともかく参加者が満足するかどうかは重要な要素だと考えている。逆に参加者が不満足だったら哲学カフェではなくなるのかというとそうでもないと思っているから、私の哲学カフェの理解における参加者の満足という要素は、必要条件ぐらいのものなんだろう。実際には上にも書いたとおり必要条件ですらないはずなんだが、まあ「必要条件ぐらい」ということにしておく。

 だから参加者同士の関係が水平でなかったとしても即座に哲学カフェでなくなるとは考えていないし、そもそも参加者同士の関係が完全に水平になるとも思っていない。ところが、司会と参加者の会話に終始するとか、話題提供者と参加者の質疑応答に終始するとかいった場合には、それが哲学カフェとして成り立っているのかどうか疑わしくなってくる。程度問題になってくるが、講演会やセミナーやトークショーと哲学カフェの線引をするとしたら、どこでするべきなのだろうかということになってくる。

 私が「必要条件ぐらい」として哲学カフェの条件に参加者の満足度を挙げたのは、その場に参加した参加者が納得した上で誰かの話を中心に聞きたいということになるのであれば、司会者や話題提供者と参加者との会話が中心になったとしても、それは哲学カフェとして成り立つのではないかという私の信念によるものである。言い方を変えると、哲学カフェは参加者がつくるものであるという信念である。だから、今日のシネマ哲学カフェであれ7月のシネマ哲学カフェであれ、いちおう上記のようなことをざっと説明した上で、参加者は納得して関係者に質問をしていたし結果的に満足もしていたようだから、それはそれで哲学カフェとしては成り立っていたのだと思う。ただ、もう少し私の考える哲学カフェについて丁寧に説明してもいいかもしれないし、上で書いたように、せっかく製作者に参加してもらえるのであれば他の場所でも経験できる質疑応答のようなものではなく、鑑賞者の率直な意見、鑑賞者同士の対話を見てもらいたいという思いもあるので、関係者に参加してもらいつつもできるだけ関係者がいないときと同じようなカフェになるような工夫をしていきたい。

 ご本人(あるいは関係者)がご覧になることがあるかもしれないのでもう一度はっきり書いておくが、7月や今回のシネマ哲学カフェは参加者も満足していたようだったし、そういう意味では私もいい哲学カフェだったと思っている。これからやる哲学カフェでも関係者の参加はウェルカムである。

 「哲学カフェって何?」という人のために、書きかけだけど参考までに。

「哲学カフェのはじめ方」

買った本20110623

 amazon.co.jpで科研費の立替払いで本を5冊購入。

Gamestorming: A Playbook for Innovators, Rulebreakers, and Changemakers

著者/訳者:Dave Gray Sunni Brown James Macanufo

出版社:Oreilly & Associates Inc( 2010-07-22 )

ペーパーバック ( 266 ページ )

Dave Gray, Sunni Brown, James Macanufo, Gamestorming: A Playbook for Innovators, Rulebreakers, and Changemakers, Oreilly & Associates Inc, 2010.

 ワークショップについての勉強用に。

[…]

2011年1月1日(土)の日記

 (昨年につづき)Thank you for all you did for me in the past year.

 あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 思うところあって今年は十数年ぶりに年賀状を書いている。とりあえず今年は2、3枚出す予定。

 今年の抱負を考えてみた。

2011年の抱負 本を50冊以上通読すること お酒を控えること とにかく論文を書くこと 無駄なものを捨てること お金を節約すること

 あえて抱負には書かないけど、映画は36本以上観たい。また演劇はせめて4回は劇場で観劇したい。美術館・博物館・ギャラリーへ行く回数は特に考えないことにする。もうひとつ、これもあえて抱負(に書くようなものでもないし、書いたところでどうこうなるものではないから)書かないけど、今年はがんばって(というか積極的に)パートナーを見つけようと思う。

2010年12月31日(金)の日記

 大晦日なので今年を振り返っておこう。

 今年一年で観た映画は32本(複数回観たものもあるため重複あり)、通読した本は26冊であった。恥ずかしいけど隠しても仕方がないので自戒の意味も込めて一覧表にしておく。

今年観た映画 20100101『アバター(デジタル3D版)』 20100109『動くな、死ね、甦れ!』 20100313『イン・ザ・プール』 20100314『パコと魔法の絵本』 20100314『オリエント急行殺人事件』 20100418『ウィニングチケット―遙かなるブダペスト―』 20100418『マトリックス』 20100501『シャッターアイランド』 20100502『マトリックス リローデッド』 20100503『マトリックス レボリューションズ』 20100503『アリス・イン・ワンダーランド(3D版)』 20100504『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 20100610『告白』 20100620『ダイアナの選択』 20100623『ナイト ミュージアム』 20100625『バベル』 20100625『ナイトミュージアム2』 20100625『キル・ビル Vol. 1』 20100627『キル・ビル Vol. 2』 20100630『ブタがいた教室』 20100703『The Cove』 20100727『インセプション』 20100807『ひぐらしのなく頃に』 20100807『ハッピーフライト』 20101031『サベイランス』 20101031『月に囚われた男』 20101101『ノウイング』 20101103『ヤノマミ~奥アマゾン・原初の森に生きる~(劇場版)』 20101204『シェルター』 20101204『レポゼッション・メン』 20101205『実験室KR-13』 20101217『インセプション』 今年通読した本 20100122香山リカ『うつで困ったときに開く本』朝日新書、2009年 20100408夏目達也・近田政博・中井俊樹・齋藤芳子『大学教員準備講座』玉川大学出版部、2010年 20100422ルイス・キャロル(矢川澄子訳、金子國義絵)『不思議の国のアリス』新潮文庫、1994年 20100511カント(中山元訳)『純粋理性批判 1』光文社古典新訳文庫、2010年 20100512キケロー(中務哲郎訳)『老年について』岩波文庫、2004年 […]

2010年6月30日(水)の日記

 ブログ、ツイッター、wikiなど、情報を蓄積・発信するのに用いているメディアやチャンネルが多くなりすぎて、これらを適切に使い分けることが難しくなってきた。問題の一つは、PukiWikiからMediawikiに乗り換えたもののMediawikiがPukiWikiほど使い勝手が良くなかったということである。とはいえPukiWikiもペイジを作成したときにペイジの名前によっては極端にファイル名が長くなりすぎるなど、いろいろ問題を抱えていたのも事実。情報を効率的に操作できるツールがどんどん出てきても、それらの使い方を覚えるのにかかるコストなどを加味すると、わたしたちの生活はそれほど劇的には変わっていないんだよなあ。思いつく限りではせいぜいパソコンが一般に普及したのとインターネットが普及したことぐらいで、あとは大したことないもんなあ。これに携帯電話の普及を入れるべきだと考える人もいるだろうけど、わたしは携帯電話が普及したことで普段の生活における情報操作が劇的に効率化したとは考えていない。とはいえ以上のような判断をする上で、わたしが記憶の外部化を重視していることが少なからず影響しているであろうことは見積もっておく必要があるかもしれない。

2010年5月30日(日)の日記

 コメントスパムが鬱陶しかったので、とうとうwordpress.comのアカウントを取得し(てAPI-Keyを発行してもらい)、コメントスパム対策プラグインAkismetを導入する。

 これは昨日食べた笑福のラーメン。

J. B. Schneewind, Essays on the History of Moral Philosophy, Oxford U. P., 2010.

の最後についている自伝的に書かれた”Afterword”がとてもおもしろい。

 このこじんまりした哲学専攻は居心地がよかった。私は何人かの大学院生とも知り合いになり、とくにビル・グラスと親しくなったのだが、彼はまだ小説を書き始めてはいなかった。そして私は学部のゼミに参加し始めた。私が学部3年生だったある日、チェック柄のシャツを着た年配の男がゼミに顔を出した。私はまあ教員の父親だろうと思っていた。発表が終わり、沈黙があった。ついに先ほどの年配の男が口を開いた。彼は30分ほど話し続けた。私は彼の話していることに実際についていくことはできなかったけど、ブラック〔訳注:マックス・ブラック、コーネル大学で言語哲学、論理学などを教えていた。シュニーウィンドのアドバイザー〕が葉巻に火をつけていなかったこと、そしてみんなが注意深く耳を傾けていたことに気づいたのである。その見知らぬ人が話し終えたあと、ブラックが言った。「ウィトゲンシュタイン教授がちょうど提案されたように…」私はその名前に聞き覚えがあったけれど、彼のことは何も知らなかった。(これは『哲学探究』が出版される前である)議論のあと私たちが立ち去るときブラックが私の方を向いて重々しくこう言った。「今日のゼミのことを覚えとくんだぞ」 [上掲書、409-10頁]

2010年3月17日(水)の日記

 わたしの身体は起きてそれほど時間がたっていない段階で食事をするとよくないのかもしれない。もちろん量にもよるのかもしれないけど、それを確かめる意味でもいろいろ試してみる必要がありそうだ。

2010年3月11日(木)の日記

 ウィキペディアで国際連盟の項目を見ると、英独仏語版ではカントについてしっかり書かれているけど日本語版ではカントの名前すら挙げられていない。いろいろと考えさせられる。

2010年3月5日(金)の日記

中村生雄「〔連載〕日本文化論第10章 捕鯨論争を”日本文化”の問題として考えることの是非」(第6回)『書斎の窓』2010年3月号(No. 592)

を読む。エッセイ。

2010年3月1日(月)の日記

 うぅ、もう3月か。なんて早いんだ。

 galerie 16が移転していたことを確認。先週の土曜日に個展をやっているところまでは確認していたけど、まさか移転していたとは。

 ビール風味炭酸飲料のもう一つの魅力に最近気がついた。それはたまにビールを飲んだとき、とてもおいしく感じられるようになったことである。